結婚式の種類を知る

結婚式のスタイルとは

キリスト教の教義の厳格な挙式

結婚式の種類は、神前式や教会式、キリスト教式、人前式など様々です。一般に教会式と言われる形式はキリスト教の教会において、主として信者を対象に執り行なわれる挙式で、その教会専属の牧師が司式を行ないます。キリスト教の教義に則った挙式ですから、厳格に執り行われます。通りすがりの無関係の人でも式に参列できるのが特徴で、宗教色の強い結婚式といえます。ちなみに、ホテルや式場などの「私設」のチャペルで執り行われる、いわゆるキリスト教式は宗教色より、むしろ商業色が強い挙式でキリスト教式の挙式を行なうカップルの殆どがこの形式です。

結婚式は教会式が一般的

結婚式の種類にも様々な形式がありますが、その中に教会式の結婚式があります。キリスト教会で行うのがほとんどで、神父や牧師の立会いのもとイエスキリストに永遠の愛を誓い合います。一連の儀式が終了したのちにはブーケトスも行うのが一般的です。ごくまれにですが、仏教の教会もありその際には教会に安置されているご本尊様に対して一生一緒に暮らしていくことを誓い合います。そちらの形式の時にはキリスト教会のようなブーケトスは行いませんが、ウエディングドレスやタキシードを着用することを許可している場合もあるので希望する場合には確認が必要です。

↑PAGE TOP

Copyright © 結婚式のスタイルとは. All rights reserved.